« 世代交代元年 | トップページ | 仕事始め »

2006年1月 3日 (火)

クロへのエール

スポーツ紙によると、クロ(黒部)に浦和からオファーがあったとか。まだ決まったわけではないけれど、それを目にしてほっとしたような気分になりました。

彼のセレッソへの期限付き移籍が発表されたのは、ちょうど1年前のこと。昨年1月7日に行われた加入会見がついこのあいだのようです。西村GMが自ら交渉に臨んで獲得した、日本代表経験のあるストライカーということで、期待は大きかったのですが、セレッソでの活躍の機会はあまりにも少ないものでした。

開幕から体は切れていたし、実際にゴールも挙げていた。そのころアキがコンディションを崩していただけに、頼もしい存在に感じられました。しかし、1トップ2シャドーという昨季のフォーメーションのなかで、彼の居場所はだんだん少なくなっていきました。そして、前線の選手、つまりアキ、フル、モリシの調子があまりにもよかったために、彼らに取って代わることはついに最後までできませんでした。ただ、クロ自身が言っていたように、シーズンを通してケガなくメンバー入りし続けたことは、大きかったと思います。

彼が常に言い続けていたのは、「僕は先発にこだわっている」という言葉。セレッソではかなうことのなかった目標に、新天地で再び挑戦することになるのでしょう。もし、今名前の挙がっているチームに移籍するとしたら、ポジション争いはセレッソ以上に厳しいものになるはずです。でも、あきらめずにトライしてほしい。セレッソでの1年間が無駄にならなかった、と彼自身が思えるように、がんばってほしいと思います。

結局、彼にインタビューできたのは、数えるほどになりました。「もっといろいろ話を聞きたかったのだけど」。昨年12月30日に津守で最後の取材をしたときに言うと、「いやぁ、それは仕方がないですよ」と、笑顔で返したクロ。プロ選手として、メディアの影響力を常に考え、記者への接し方にも気遣いが感じられた数少ない存在でした。その意味でも残念。新天地での活躍を祈るばかりです。がんばれ!

|

« 世代交代元年 | トップページ | 仕事始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/7988303

この記事へのトラックバック一覧です: クロへのエール:

« 世代交代元年 | トップページ | 仕事始め »