« ぐっときました2005アウォーズ | トップページ | 雪の舞うグラウンドで »

2005年12月21日 (水)

15歳の記者会見

長くセレッソの取材を続けておりますけれど、ついに出ました、15歳の新加入選手。最年少です。柿谷曜一朗くんの加入が発表され、記者会見が行われたので行ってきました。冒頭に西村GMから「本来ならユースのカテゴリーで過ごすのが基本だが、すばらしい素材と才能を持っている選手をより早く、すばらしく、大きく育てるためにトップに上げることにした。彼にとってはより厳しい環境になるが、一人の戦力として、来季からトップチームで戦うことになる。15歳の少年なので、クラブを挙げて育てて、彼の夢が叶うようにしたい」と発表がありました。

彼は4歳のときにセレッソのサッカースクールでサッカーを始めた、生粋の「セレッソッ子」。「世界に出て行くのが自分の夢」ときっぱり言うあたりは大物の予感です。また、「セレッソとして最年少で長居スタジアムのピッチに立つことが目標。そして日本のみんな、世界のみんなに認められて、世界に飛び立っていきたい」とも語りました。しっかりしてます、最近の若い子は。堂々とした記者会見でした。

柿谷くんがすばらしい能力を持っているのは誰もが認めるところ。得意なプレーを聞くと、「ドリブルです。でも、ずっとドリブルだけをするのではなく、相手がまったく思っていないようなプレーをするのが得意です。好きな選手はスペインのウラル」ですって。「モリシのようなプレーもできるし、フルのようにシュート力もある。アキのようなテクニックや存在感も持っている」と、西村GMも最大級の賛辞をおくっています。スゴイ新人が入ってきたもんです。

来年の楽しみがまたひとつ増えましたね。新卒の選手の加入が例年になく多いです。しかも有望な選手ばかり。今日発表された柿谷くん、中山 昇くんを含めて現在発表されているのが6人。まだほかにもいるようだし。私が、「今年もよかったけど、来年以降はもっとおもしろくなるハズ」と言いふらしているのは、実はこれが理由。若い選手たちの成長、楽しみにしましょう。

昨日のJアウォーズのレポート、多くの方に読んでいただいたようでうれしいです。吉田くんの珠玉のコメント、私も聞いたときは涙が出そうになりました。けなげに真面目にがんばってきて本当によかった。あらためて、「おめでとう」。西野監督への恩返しを込めて、24日は絶対勝たないとね!

|

« ぐっときました2005アウォーズ | トップページ | 雪の舞うグラウンドで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/7767604

この記事へのトラックバック一覧です: 15歳の記者会見:

» 昇・柿谷 [ryojimasuda.com]
中山 昇 TOPに入れるか、入れないかギリギリラインだったとおもう。 怪我をしてなかなか試合に出れなく、 TOPにあがるという夢が遠のいたこともあっただろう。 「あがりたいんです、僕ずーっとセレッソなんで セレッソ以外考えられないんです。」 この言葉はいまも忘れません。 本当に良かった。FOREVER CEREZO 16歳どころか 15歳柿谷まで誕生したのだが、 彼をこの時点でセレッソに入れれたのは大きい。 18歳までほっといたらでかい存在になってしまい、 他のチームと取... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 05時45分

« ぐっときました2005アウォーズ | トップページ | 雪の舞うグラウンドで »