« 勝負はこれからだよ | トップページ | 横浜F・マリノス戦を前に »

2005年11月24日 (木)

秋に想う

「今年はチーム状態も安定しているし、心穏やかに秋を過ごせるわー」と、9月ごろにつぶやいていた私。「いやいや、ヨコモコさん。セレッソが上位争いしたら忙しくなるかもしれませんよ」。某サッカー専門誌の編集者さんに言われて、「ふふふ、そうなったらいいんですけどね」と余裕をかましておりました。それが、ここ半月ぐらいでにわかにザワザワと・・・

そういえば去年の今ごろは、2ndステージ最終戦を目前にして、泣きたくなるような毎日を送っておりました。11月28日は日曜日で、早朝に伊丹を発ち、新潟へ。どんよりとした空を見上げて、ため息をついたことを思い出します。

残り試合は2試合です。他力です。2連勝してもセレッソの自力優勝はありません。だからこそ思いきってぶつかってほしい。先日、古いフロッピーディスクのなかに2000年に書いた原稿を発見。某誌に寄稿したものでした。当時、セレッソの広報担当であった私が、2000年を振り返るという内容でした。以下、抜粋します。

「結局、一勝することができなかった。とどのつまりは1点に泣いたということ。我々の力が及ばなかった」(副島監督)。「周囲が騒がしかったから勝てなかった? でもそんな中で結果が出せるようにならないといけない。マリノスだって、ジュビロだって、そうやって強くなって来たんです」といったのは勝矢コーチ(セレッソジュニアユース)だった。

懐かしいな。でも5年を経た現在にもあてはまるのではないかしら? 「あのシュートが決まっていれば」「あの時、詰めていたら」・・・選手たちにはそんな思いを残さないプレーを、この2試合でしてもらいたいです。それだけでいい、そう思います。

明日はグラウンドに行ってきます。康太くん(藤本選手)の歯は治っているかしら?

|

« 勝負はこれからだよ | トップページ | 横浜F・マリノス戦を前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154764/7300930

この記事へのトラックバック一覧です: 秋に想う:

« 勝負はこれからだよ | トップページ | 横浜F・マリノス戦を前に »